2008年のボジョレーのブドウはどう?

毎年、飲んでもいないボジョレーの出来について話題になりますね。飲んでもいないボジョレーの出来がなんでわかるのやらwまぁ、要するにワインというものはブドウの出来で変わってしまうので、単純においしいブドウが収穫できればおいしいワイン、つまりおいしいボジョレーができるって考えられるんですね。さて、2008年のボジョレーのブドウの出来はといえば、ボジョレーの出来る最高の気候だったそうで2008年はボジョレーの当たり年らしいです。あれ、前にも聞いたようなwwまぁボジョレーの解禁日を首を長くして待ちましょう♪

2008年 ボジョレー 解禁日が待ち遠しい

毎年ワイン業界を賑わせているボジョレーヌーボーですが、2008年もいよいよ、ボジョレー 解禁日がせまってきましたね。2008年のボジョレー解禁日は11月20日となっています。今からたのしみでしょうがないです!

ボジョレーの解禁日って毎年ニュースになります。2008年のボジョレー解禁日も世間の話題となるでしょう。さて、ボジョレーヌーボーなんですが、フランスのボジョレー地方で作られるワインの中で、「ボジョレー」や「ボジョレーヴィラージュ」の新酒のみボジョレーヌーボーと呼ばれるものになります。ボジョレーの味はその時々のブドウの状況で味が変わってしまうんですが、短期間で醸造するワインで口当たりがよく飲みやすい人気のワインです。2008年の出来が気になりますねw

ボジョレーヌーボーの解禁日って?

毎年世間を騒がせる、ボジョレー 解禁日は毎年11月の第3木曜と指定されています。しかしボジョレーの解禁日ってどうして決まってるんでしょうか?実は、ワインの生産競争と深くかかわっているんです。ボジョレーヌーボーはとにかくおいしくて売れるんです。ワインの芳醇さが苦手な人にも飲めちゃいます。他の赤ワインはダメだけど、ボジョレーならいけるって人結構いませんか?^^それで、ボジョレーヌーボー生産者がどこよりも早く出荷しようとしたために、熾烈な出荷競争が始まってしまいました。その悪影響で、味の微妙なボジョレーができすぎ、ボジョレーヌーボーとして完成する前に出荷されてしまったわけなんです。ちょっと嘆かわしいことですね。なのでボジョレーの解禁日を決めて、みんなスタートラインを同じにしたわけなんですね♪ちなみになぜ11月の第3木曜なのかというと、フランスの日曜は店をやってる人がいないんです。日曜は確実に休むんですねwなので、売る側も買う側も週半ばの木曜が一番都合がいいわけなんですw日本のボジョレー解禁日は日付変更線の関係で世界で一番早くボジョレーを飲めるとか。またボジョレーの輸出量もフランス国外の70%のうち25%が日本への輸出ということで、まさに日本に生まれてよかったーという感じですね♪

ボジョレーヌーボーの賞味期限ってあるの?

一般的な知識として、お酒は長く寝かせる方がおいしいに決まってる!なんて思ってる方も結構いると思います。しかしワインというものは非常にデリケートにできていて、どのワインにも飲み頃というものが存在します。で、結論から言って、ボジョレーヌーボーの賞味期限、つまり飲み頃の期限はあります!ボジョレーヌーボーの製法は他のワインと比べ特殊なものになっています。「マセラシオン・カルボニック」という短期間で醸造して早く飲めるワインとして作られるのです。一般的にボジョレーヌーボーは、翌年の3月頃までが飲み頃と言われています。またデリケートなワインになるので、ボジョレーの賞味期限を気にされる場合は、ワインセラーなどしっかりとした保管方法で保管しないと、飲み頃以前にまずいボジョレーになってしまう可能性がありますよ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。