2008年のボジョレーのブドウはどう?

毎年、飲んでもいないボジョレーの出来について話題になりますね。飲んでもいないボジョレーの出来がなんでわかるのやらwまぁ、要するにワインというものはブドウの出来で変わってしまうので、単純においしいブドウが収穫できればおいしいワイン、つまりおいしいボジョレーができるって考えられるんですね。さて、2008年のボジョレーのブドウの出来はといえば、ボジョレーの出来る最高の気候だったそうで2008年はボジョレーの当たり年らしいです。あれ、前にも聞いたようなwwまぁボジョレーの解禁日を首を長くして待ちましょう♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。